ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

配当方針・配当

配当方針

当社グループの事業は、石油・石油化学・非鉄金属等のプラント関連のメンテナンス事業およびエンジニアリング事業を基盤としており、民間設備投資の増減に影響され易い受注産業に属しております。事業の性格を踏まえ、経営環境の変化と今後の事業の展開に備えて企業体質の強化を図り、安定的な経営基盤を構築することが企業価値を増大させ、ひいては、株主、顧客、取引先、社員等の各関係者の将来的な利益を確保することに繋がるものであるということを基本方針としております。
基本方針のもと、株主に対する利益配当に関しましては、経営の最重要課題と位置づけ、収益に対応した配当施策を実施すべきものと考え、配当の継続性および安定性という面にも充分留意し、強固な事業基盤と将来の事業拡大に必要な内部留保を確保した上で、40%以上の配当性向(連結)を目標といたします。

決算期 年間配当金 配当性向(連結)
2019年3月期 46.00円 40.7%
2018年3月期 39.00円 40.5%
2017年3月期 42.00円 40.9%

※上記、2019年3月期までは旧新興プランテックにおける実績であります。

ページトップに戻る