スーパーバイザー(SV)

現場経験を糧に
最適な工事プランを提案する

多田 竜介
大阪事業所 プロジェクトグループ/2015年入社
化学システム工学科 卒業

PROFILE

就職活動では、大学で専攻した化学プロセス工学が活かせる製薬メーカーや化学メーカー、プラント業界を中心に検討。大規模な企業より「社員の顔が見える」規模の会社が良いと考えており、加えて面接時のリラックスした雰囲気も自分に合っていると感じたことから、レイズネクスト(旧・新興プランテック)への入社を決めた。

現在の仕事

自分が作成した見積もりで受注できたときは喜びもひとしお

私が担当しているのは、プラントの日常保全工事の施工管理です。お客様のプラントに常駐し、補修・点検工事の引き合いが来ると見積もりを作成。受注できた場合は現場での監督業務も担います。同じ補修工事でも、採用する工法・道具や作業員の人数によって見積もりは大きく変わります。自分なりにベストだと思う作業内容で見積もりを提案するわけですが、受注できたということは普段から接しているお客様が認めてくださったということなので、嬉しさも格別です。もし困ったことがあっても、全国に事業所があって扱うプラントの種類も多種多様ですから、必ず専門部署から的確な意見が返ってきます。知識や経験が豊富な先輩社員が多いことは心強く、レイズネクストの強みの一つだと感じています。

FOR THE NEXT

難しい要求にも取り組んでアイデアの引き出しを増やしていきたい

日頃から私が心がけているのは、お客様からの難しい要求に対しても、まずは取り組んでみることです。もちろん周囲の助けを借りる場合もありますが、あきらめずにトライしていれば、お客様や作業員の方々の信頼を得ることができますし、自分の財産にもなります。今後は、さらに現場での経験を積んでアイデアの引き出しを増やし、お客様から「こういう場合はどうしたらいいの?」と相談いただいたときに、より付加価値の高い提案や回答ができるようになりたいですね。昨年には、同じ事業所に後輩が入ってきて仕事を教える立場にもなったので、指導のスキルも磨いていきたいと考えています。

1日の流れ

7:00 起床 寝坊対策として目覚ましは2個使用!
8:00 出社 始業30分前にはデスクに着席。
8:30 朝礼 事業所全体の朝礼で各人の行動予定を確認。
9:00 工事開始 作業員の方と今日の作業内容を確認してから工事開始。1日の作業の始まりは「ご安全に」のかけ声から。
12:00 昼休み 昼食後は事務所でおしゃべりタイム。
13:00 工事再開 午後も「ご安全に」のかけ声と共にスタート。
作業の進捗状況や、現場に危ない箇所がないかを随時チェック。
16:30 現場業務終了 現場作業が終了。達成感に浸りながら事務所へ。
18:00 退社 日報を書き、次の日も「ご安全に」作業ができるよう準備をして業務終了。
退社後は友人と夜ご飯を食べたり、家でゴロゴロしたりしてリラックスしています。

今の職場と仲間

事務所のメンバーです。全体で6人と小規模ですが、和気あいあいとした事務所で毎日楽しく仕事をしています。各自担当をもちつつ、助けあいながら仕事を進めています。事務所のメンバーで飲み会やゴルフなどに一緒に行くことも多々あり、仕事の相談はもちろん、プライベートの相談までできる仲間です。

休日の過ごし方

休みの日はとりあえず外に出ることが多いです。とにかく旅行と車が好きなので、友人や会社の人とドライブに行ったりサーキットに走りに行ったりしています。この写真は東京で会社の人と遊びに行ったときの写真です。カートでレインボーブリッジやお台場を観光するもので、風を感じながら最高に気持ち良く走れました。

MESSAGE

私が担当している見積もり、現場監督業務は、自分のペースで無理なく仕事を進められるところが良いところだと思っています。現場監督にはスケジュール管理や作業員の方々の管理・監督も任されていて責任も伴いますが、工事がすべて終わったときは大きな達成感を味わうことができます。