#01プラント業界の今

  • トップ
  • レイズネクストについて
  • プラント業界の今

高度経済成長期から日本のモノづくりを支えてきた生産設備――プラント。今プラントには何が求められているのか、その最前線に迫ります。

支えているのはモノづくりの最上流

「プラント」とは、素材や製品をつくる生産設備のことです。原油からガソリンや灯油をつくる石油プラント、石油製品から樹脂・繊維・ゴムなどをつくる石油化学プラントのほか、医薬品や食品の製造、水処理や産業廃棄物処理など環境問題に対応するためのプラントもあります。なかでもレイズネクストが多く手がけるのはモノづくりの最上流にあたる「原料」や「素材」をつくるプラント。目にする機会は少ないかもしれませんが、私たちの暮らしに欠かせない存在なのです。

  • 石油
  • 石油化学
  • 一般化学
  • 医療品
  • ガス
  • 電力
  • 製鉄
  • 非鉄金属
  • 食品
  • 製紙

長きにわたるプラントの一生――
その命運はメンテナンスに委ねられる

プラントの使命とは、数十年にわたって24時間365日稼働し、高い品質の製品をつくり続けること。そのためには、日常的な保守はもとより、お客様のニーズや社会の変化に応じた改造・改修などを通じて、その性能を維持・向上させていく必要があります。つまり、プラントが長い一生において価値を高め続けていけるかどうか、その行方を決めるのがメンテナンスであるといっても過言ではありません。

これからのプラントを守り、育んでいくために

日本では、高度経済成長期に建てられた石油・石油化学プラントが稼働し続けており、老朽化が進んでいます。一方、人口減少などによって石油需要は漸減しており、大規模な設備投資は難しい状況にあります。こうした転換期にあっても、日本の社会やモノづくりのためには、プラントを守り、育んでいかなければなりません。まさに今、確かな技術に立脚したメンテナンスが不可欠なのです。

石油設備の稼働年数

出典:弊社調べ
製造事業所の設備トラブルによる事故件数推移

出典:高圧ガス保安協会ホームぺージ

エネルギー・化学の新分野で広がるプラントの世界

国内での石油・石油化学プラントの建設は減少傾向にありますが、新しいプラントが続々と誕生している分野もあります。たとえば、環境にやさしいエネルギーであるLNG(液化天然ガス)の受入基地や、「機能性化学品」と呼ばれる高機能な製品を生産するための化学プラント。とくに化学品は製品が多様化しておりプラントオーナー(お客様)のニーズも一つひとつ異なるため、ソリューション提案力やプロジェクト管理能力に長けたエンジニアリングサービスが求められています。

今後日本で新規建設が想定される分野