#01レイズネクストの強み

  • トップ
  • レイズネクストについて
  • レイズネクストの強み

「エンジニアリング」と
「メンテナンス」を融合させ
日本のプラントの価値を高めていく

プラント業界は、新設・改造を担う「エンジニアリング」と稼働後の保全・補修を担う「メンテナンス」に大きく二分されます。しかし、日本のモノづくりを取り巻く環境が大きく変わり続けるなかでプラントのライフサイクルを支えていくためには、エンジニアリングとメンテナンスの技術、人材、ノウハウを融合させた新時代のプラントソリューションを提供していく必要があります。その実現に向けて2019年に誕生したのが、私たちレイズネクストです。

強み01全国のプラントのメンテナンスを担う「現場力」

プラントメンテナンスのプロジェクトは、施工内容はもとより工期・コストなど一つとして同じものはない「完全オーダーメイド」です。そのため、いかに幅広い領域・規模のプロジェクトを経験し、ノウハウを蓄積しているかが現場施工の能力に直結します。当社は全国70カ所以上で日常的にプラントメンテナンスを実施。主要工業地帯でも高いシェアを獲得しており、とりわけ石油・石油化学プラントにおいては国内トップクラスの実績を有しています。

強み02多種多様なプラントの新設・改造ニーズに応える
「技術力」

当社は、大規模かつ極めて高い安全性が求められる石油やエネルギー、非鉄金属などの分野で数多くのプラント建設に事業化の検討段階から参画してきました。事業の採算性を調査する「フィージビリティスタディ(FS)」から基本計画、設計、調達、建設に至るまで、豊富なプロジェクトマネジメント経験で培った技術力と対応力を活かし、あらゆるお客様に寄り添うエンジニアリングサービスを提供しています。

石油・石油化学プラント
貯蔵タンク
非鉄金属プラント

レイズネクストだからできる
日本のモノづくりのサステナビリティへの貢献

メンテナンスとエンジニアリングを得意とする2社が統合したレイズネクストは、現場力と技術力という2つの強みを活かし独自のソリューションへと昇華させていきます。今後も、時代とともに変わりゆくプラントの価値向上を支えることで、日本のモノづくりの持続可能性に貢献します。